佐田病院トップページ | 症状・治療のご案内 | 頭痛外来

頭痛外来

頭痛外来当院では日本頭痛学会認定の専門医が頭痛外来を行っております。
頭痛は、誰もが経験したことがあるごく一般的な症状の1つです。
日本人の3000万人が頭痛持ちと言われています。これは、だいたい国民の4人に1人に当たります。

しかし、頭痛の中には、見落とすと命に関わるものもあります。
また強い頭痛のために、生活の質が落ちることもあり、社会経済的にも大きな問題となっています。

頭痛の種類

誰しもが経験する日常起きる頭痛

風邪による頭痛、冷たいものを食べて起きる頭痛、二日酔いによる頭痛

身体の異常により引き起こされる頭痛

身体の異常により引き起こされる頭痛=2次性頭痛 です。

  • ・脳の出血による頭痛、脳の腫瘍による頭痛、脳の炎症による頭痛
  • ・目・鼻・耳・歯・顎・首といった頭の周辺による病気からの頭痛
  • ・高血圧症状による頭痛、精神症状による頭痛

中には緊急を要する頭痛もあります。その場合は、脳神経外科のある救急病院を受診しましょう。

脳の一過性異常により引き起こされる頭痛

脳の一過性異常により引き起こされる頭痛=1次性頭痛。いわゆる“頭痛持ちの頭痛” です。
頭痛外来で相談することができます。

  • ・片頭痛
  • ・緊張型頭痛
  • ・群発頭痛(三叉神経・自律神経性頭痛)
  • ・その他の一次性頭痛

頭痛の種類によって治療する病院は異なります

一次性頭痛
(脳の一過性異常により引き起こされる頭痛)
→頭痛外来でOK

一次性頭痛は、純粋に頭痛外来で治療できる頭痛と考えます。

二次性頭痛
(身体の異常により引き起こされる頭痛)
→疾患によっては別の専門家での加療が必要

原因疾患の治療により改善する可能性がありますが、二次性頭痛の中にも頭痛外来で治療が可能な頭痛もあります。

二次性頭痛は、頭痛の僅か1割程度の割合です。二次性頭痛には、頭痛の原因となる疾患があるため、原因疾患の治療をすることで、頭痛の改善が期待できることがあります。
二次性頭痛の中には、稀に緊急の命に関わる危険な頭痛が含まれています。
緊急の命に関わる頭痛とは、くも膜下出血、脳出血などが代表的な疾患です。

危険な頭痛

→こんな症状を有する方は救急施設の受診を進めます!!

  • ・急性の雷鳴頭痛! (雷鳴頭痛:突然発症し1分以内にピークに達する激しい頭痛)
  • ・不可逆性の意識の低下を伴う頭痛!
  • ・不可逆性の麻痺症状を伴う頭痛!
危険な頭痛の症状

脳の中で緊急を要する病気が起こっている可能性が高く、
脳外科などの専門外来での相談が望ましいと考えられます。

一次性頭痛とは

一次性頭痛は、原因となる他の疾患がない頭痛となります。
いわゆる慢性的に頭痛を経験する“頭痛もちの頭痛”です。

頭痛自体が治療対象となり、頭痛外来で治療できます。

頭痛の約9割が、一次性頭痛に分類されます。

主なものに
片頭痛
緊張型頭痛
三叉神経・自律神経性頭痛(群発頭痛)
があります。

インターネットからのお問い合わせ
症状・治療のご案内
  • 外科
  • 胆石症
  • 一般・消化器外科
  • 多汗症
  • がん治療
  • ソケイヘルニア
  • 呼吸器外科
  • 整形外科
  • 脊髄脊椎
  • ペインクリニック
  • 頭痛外来
  • 帯状疱疹
  • 肩関節
  • 消化器内科
  • 内視鏡
  • 肝臓内科
  • C型肝炎
  • 内科・循環器科
  • 心臓リハビリテーション
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 内科・循環器科
  • 呼吸器内科
  • 糖尿病内科
  • 糖尿病内科
  • 健康診断・人間ドック
  • 健康診断・人間ドック