佐田病院トップページ | 肩関節

肩関節

脱臼(バンカート損傷)

「腱板」とは、肩関節の奥にある筋肉の一部が、1枚の板状になって上腕骨を覆っている部分を指します。腕を挙げる際に重要な役割を果たしていますが、狭い場所で摩擦を受け炎症を起こしたり、無理な力が加わり断裂したりします。

正常
腱板断裂

どういう症状?

腕を全く挙上できない方から、完全に挙上できる方まで様々です。典型的な症状は、肩から上での作業のやり辛さ、動かす際の引っかかり感、腕を捻った時の痛み、力の入りにくさ等です。五十肩(肩関節周囲炎)と似ていることもあり放置されている場合も多いです。

検査は何をするの?

五十肩と診断され治療されていても、3ヶ月以上治らないようなら専門医を受診し、精査(超音波検査・MRI検査)を行った方が良いと考えられます。

・ 治療はどうするの?

①保存療法
 炎症だけであれば、消炎鎮痛剤の内服や、炎症を抑える注射、リハビリ(温熱療法のような物理療法での痛みの緩和、癒着防止の運動療法など)で、症状の改善を図ります。

②手術療法
 年齢、腱の断裂の大きさや質などにより、手術方法をとるべきか判断していきます。断裂がひどくなると完全に縫合することは困難となり、より大きな手術が必要になります。

写真1にある腱板断裂部の模式図です

図1 写真1にある腱板断裂部の模式図です

写真2での縫合後の模式図です。特殊なネジ(アンカー)を用いて縫合しています。

図2 写真2での縫合後の模式図です。特殊なネジ(アンカー)を用いて縫合しています。

断裂部が洞穴のように見えています

写真1 断裂部が洞穴のように見えています

縫合する事で修復しています

写真2 縫合する事で修復しています

 当院では関節鏡視下に腱を修復する鏡視下腱板縫合術を行っています。


症状・治療のご案内
  • 外科
  • 胆石症
  • 一般・消化器外科
  • 多汗症
  • がん治療
  • ソケイヘルニア
  • 呼吸器外科
  • 整形外科
  • 脊髄脊椎
  • ペインクリニック
  • 頭痛外来
  • 帯状疱疹
  • 肩関節
  • 消化器内科
  • 内視鏡
  • 肝臓内科
  • C型肝炎
  • 内科・循環器科
  • 心臓リハビリテーション
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 内科・循環器科
  • 呼吸器内科
  • 糖尿病内科
  • 糖尿病内科
  • 健康診断・人間ドック
  • 健康診断・人間ドック