佐田病院トップページ | 症状・治療のご案内 | がん治療について | ハイパーサーミア(温熱療法)

温熱治療 がん治療について

  • がん治療について
  • 化学療法
  • ハイパーサーミア(温熱治療)
  • 緩和治療

ハイパーサーミア(温熱療法)とは?

現在のがん治療として健康保険で認められているものには、外科治療・化学療法・放射線治療、そしてハイパーサーミア(温熱療法)があります。
ハイパーサーミア(温熱療法)は、がん細胞が正常細胞に比べて熱に弱い性質を利用し、体を温めることで、がん細胞だけを選択的に弱めてしまおうと考案された治療法です。
今のところ、ハイパーサーミア(温熱療法)だけで、がんが根治できるのは稀と考えられており、放射線治療や化学療法との併用によって、放射線や抗がん剤の効果を高めたり、体を温めることで免疫力が高まる効果が期待されています。当院では主に化学療法や免疫療法の補助療法としてハイパーサーミア(温熱療法)を行っています。

ハイパーサーミア(温熱療法)の効果

がん細胞は一般的に酸素が苦手です。体を温めることで、がん組織への血流が増え、がん細胞により多くの酸素を届ける効果があります。また、体を温めることで、がん細胞の嫌がる物質が発生し、それもがん細胞へ届ける効果があります。

化学療法との併用効果

がん組織は一般的に血流不足の状態です。体を温めることで、がん組織への血流が増え、がん組織へより多くの薬剤が取り込まれ、抗腫瘍効果の増強が期待されています。

免疫療法との併用効果

がん周囲の環境は、がん細胞によって自らが増殖しやすいように変えられています。体を温めることで免疫細胞が活性化され、がん細胞を排除しやすい環境に整え、がんに対する抵抗力の増強が期待されています。

ハイパーサーミア(温熱療法)は副作用や後遺症がない

ハイパーサーミア(温熱療法)は、正常組織にダメージを与えることなく、がんの病巣にある領域を治療することができるので、副作用や後遺症などがありません。

どのようにして温めるのか?

当院ではRF波を用いてハイパーサーミア(温熱療法)を行っています。RF波とはラジオ波のことで、ラジオ波とは周波数30~300MHZの電磁波のことです。体を挟む2枚の電極の間にRF波を流して、組織内の分子(双極子)のプラスとマイナスの方向を急速に変えること(1秒間に約800万回)「誘電加温方式」で細胞自体の自己発熱により温めます。 熱が加わると、正常な組織の血管は拡がって、熱を逃がすようになっています。しかし、がん組織の血管は、熱を加えても拡がらないので、熱を逃がすことができず、より高温になりやすいのです。

※体に電気を通すと感電しないかと不安になる方もいらっしゃると思われますが大丈夫です。この機械では実際に感電するような電流は流れません。


治療対象

脳、眼を除く、固形の悪性腫瘍が適応となります。

※ただし、治療部位に金属がある場合、消化管に炎症や潰瘍がある場合、心臓ペースメーカーを装着している場合、腎不全や脱水がある場合などは適応となりません。

装置について

これがハイパーサーミア装置(山本ビニター)です。右側の写真のように、ベッドに横になっていただき、治療部位を上下の電極で挟んで、RF波で加温します。


電極 コンピューターを操作することにより、上下の電極間にRF波を流し、体を温めます。電極は直径7cmのものから30cmのものまであり上下の組合せで、体の深いところにある病気の部分まで温めることができます。
ボーラス 電極にはボーラスという水袋がついています。ボーラスが直接体にあたる部分です。ボーラス内に5~40℃の水(温水)を循環させ、皮膚を熱から保護します。

ハイパーサーミア(温熱療法)の実際

・治療は、患者様それぞれの治療スケジュールに合わせて行います。
・治療時間は、電気を流す時間40分と治療台にあがったり機械の設定をしたりする準備の時間を合わせて60分前後です。

ご用意して頂く物
  • タオル(汗をふくため)
  • ストロー付きの飲み物(水分補給のため)
  • 下着(汗で濡れてしまうため、帰りのお着替え用)
治療日の流れ(治療前)
  • 初回治療日は、受付をして7番外科外来へお越しください。
  • 2回目以降は・・・
    1. 1)受付が終わったら7番外科外来前にある血圧計で血圧測定をして下さい。
    2. 2)ロッカールームで検査着に着替えて下さい。
    3. 3)受付で渡された青い袋を持って、15番レントゲン室の前の椅子に座ってお待ち下さい。
  • ※この時、トイレを済ませておいて下さい。時間になりましたら、スタッフがお呼びします。
治療日の流れ(治療開始)
  • 治療室に入ったら加温する部分の着衣をとり、治療ベッドに横になります。そして電極とボーラスをあてていきます。温め始めると加温部位は動かすことはできません。肩や腰など治療台にあたって痛いところがありましたらお伝え下さい。
  • RF波が効果的にでるようにコンピューターで出力を調節していきます。5分くらいかかります。出力を合わせた後にRF波を流し始めます。
    ※治療中は室内にスタッフが待機していますので、何かありましたら遠慮なく声をおかけ下さい。
治療前後のお願い
  • 治療直前に食事をされると気分が悪くなることがあります。
      ※直前の食事は控えて下さい。
  • 治療中は汗をかきますので治療前後は水分を多めにとって下さい。
治療中のお願い
  • 治療中は体が電気をおびた状態になります。感電防止のため以下をお守りください。
    1. 1)指輪、ネックレス、時計、眼鏡など金属でできたものは必ずはずして下さい。(義歯は取らなくても大丈夫です)
    2. 2)治療中は点滴台や治療ベッドの金属部分には触れないようにして下さい。
  • ※直前の食事は控えて下さい。
  • 治療中は汗をかきますので治療前後は水分を多めにとって下さい。
  • 体が触れることで感電するため、スタッフはゴム手袋をして治療にあたりますのでご了承下さい。
  • 1)熱感、痛み
    温めている場所が熱くなり、チクチク、ピリピリといった痛みを感じることがあれば、声をおかけください。
    2)暑さと汗
    治療中はサウナのような暑さのため多量の汗をかく場合があります。冷・暖房の調節などいたしますので遠慮なくおっしゃって下さい。適宜、持参された飲み物は飲んでいただいてかまいません。
治療前後のお願い
  • 血圧測定後、着替えが済んだら、終了となります。

ハイパーサーミア(温熱療法)の初回診察について

初回診察の際には、現在かかってある医療機関の主治医の紹介状、及びCT等放射線画像、採血結果をご持参ください。
ハイパーサーミア(温熱療法)の診察は予約制ですので、ご希望の際にはお電話又はメールにて必ずご連絡下さい。

  • がん治療について
  • 化学療法
  • ハイパーサーミア(温熱治療)
  • 緩和治療
インターネットからのお問い合わせ
症状・治療のご案内
  • 外科
  • 胆石症
  • 一般・消化器外科
  • 多汗症
  • がん治療
  • ソケイヘルニア
  • 呼吸器外科
  • 整形外科
  • 脊髄脊椎
  • ペインクリニック
  • 頭痛外来
  • 帯状疱疹
  • 肩関節
  • 消化器内科
  • 内視鏡
  • 肝臓内科
  • C型肝炎
  • 内科・循環器科
  • 心臓リハビリテーション
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 内科・循環器科
  • 呼吸器内科
  • 糖尿病内科
  • 糖尿病内科
  • 健康診断・人間ドック
  • 健康診断・人間ドック