佐田病院トップページ | 症状・治療のご案内 | 頭痛外来 | 群発頭痛

頭痛外来

群発頭痛について

群発頭痛20-30代、男性に多い頭痛です。 部位は、片側の眼、眼の周り、こめかみ。
性状は、激痛で眼をえぐられるような痛み。

夜中、寝てから数時間して突然激痛が襲ってきます。
持続時間は数時間です。ある日突然頭痛が起こり、その後1−2ヶ月の間連日のように痛みが起こります。

発作は激痛でいてもたってもいられないような痛みです。
(火鉢を目に突っ込まれたような痛み、目玉を握り潰されたような痛み)

発作の時に、鏡で顔を確認すると、片側の目が充血して涙がでていたり、顔面の紅潮を認めることがあります。

群発頭痛の治療

群発頭痛の予防

なかなか予防できるものではありません。少しでも発作回数や強さを抑えると考えてもらうのが良いかもしれません。
血管を拡張させる行為(お酒や長風呂など)を控えることが予防につながります。

群発頭痛の予防

特効薬がありますが、注射製剤になります。
適切な指導の後は、ご自身で発作の際に注射を打って頂く形になります。

インターネットからのお問い合わせ
症状・治療のご案内
  • 外科
  • 胆石症
  • 一般・消化器外科
  • 多汗症
  • がん治療
  • ソケイヘルニア
  • 呼吸器外科
  • 整形外科
  • 脊髄脊椎
  • ペインクリニック
  • 頭痛外来
  • 帯状疱疹
  • 肩関節
  • 消化器内科
  • 内視鏡
  • 肝臓内科
  • C型肝炎
  • 内科・循環器科
  • 心臓リハビリテーション
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 内科・循環器科
  • 呼吸器内科
  • 糖尿病内科
  • 糖尿病内科
  • 健康診断・人間ドック
  • 健康診断・人間ドック