佐田病院トップページ | 症状・治療のご案内 | 頭痛外来 | 鎮痛薬使用過多による頭痛

頭痛外来

鎮痛剤の使いすぎによる頭痛

薬局に行くと頭痛薬は簡単に手に入ります。

頭痛に対して、市販の鎮痛薬を飲んでいて、
「毎日鎮痛薬を飲んでいるのに頭痛がおさまらないため、さらにまた鎮痛薬を内服してしまう。」
「頭痛がしょっちゅう起こるので、毎日頭痛薬を飲んでいる」
「頭痛薬を飲んでもあまり効かないので、すぐにまた飲んでしまう」

そんなことはないでしょうか?

実は注意しないといけない頭痛に鎮痛薬の使い過ぎの頭痛があります。

国際頭痛分類による診断

  • ・以前から頭痛がある患者において、頭痛は1ヶ月以上に15日以上存在する。
  • ・1種類以上の急性期または対症的頭痛治療薬を3ヶ月を超えて定期的に乱用している。
     (市販薬に関わらず、病院で処方された薬でも内服により起こりえます。)
  • ・他による疾患ではない。

このような頭痛の場合は、薬の使い過ぎも問題ですが
もともと、薬を使わざるを得なかった頭痛が隠れています。
頭痛外来で一度相談されることをおすすめします。

インターネットからのお問い合わせ
症状・治療のご案内
  • 外科
  • 胆石症
  • 一般・消化器外科
  • 多汗症
  • がん治療
  • ソケイヘルニア
  • 呼吸器外科
  • 整形外科
  • 脊髄脊椎
  • ペインクリニック
  • 頭痛外来
  • 帯状疱疹
  • 肩関節
  • 消化器内科
  • 内視鏡
  • 肝臓内科
  • C型肝炎
  • 内科・循環器科
  • 心臓リハビリテーション
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 内科・循環器科
  • 呼吸器内科
  • 糖尿病内科
  • 糖尿病内科
  • 健康診断・人間ドック
  • 健康診断・人間ドック