内視鏡センター

痛くない内視鏡検査

当院では福岡大学筑紫病院からの医師の派遣を受け、年間4,000例以上の内視鏡検査を行っております。また、八尾恒良名誉院長の指導の下、クローン病、潰瘍性大腸炎(UC)をはじめとする困難な症例にも実績があります。

内視鏡検査に不安がある方のための鎮静(セデーション)

内視鏡検査に不安がある方は鎮静剤を注射し、少しぼーっとしたり 眠った状態で検査をしますので、検査終了時には「もう終わったの?」といわれる方が多いようです。検査前になにかございましたら是非ご要望ください。

ハイビジョン内視鏡カメラによる正確で細やかな検査

従来のカメラよりも鮮明に撮影される事により、飛躍的に鮮明な画像を実現しています。このシステムの導入によりこれまで以上に正確で細やかな検査を行うことが可能になりました。

従来のカメラ従来のカメラ

ハイビジョンカメラハイビジョンカメラ

検査費用と検査時間

胃カメラ 大腸カメラ
健診(税込) 15,750円 21,000円
保険(3割負担) 3,600円~ 5,200円~
検査時間(処置除く) 約30分 約60分

胃カメラ検査を受ける方への注意点

検査のご予約は平日14時~17時位にお電話頂いた方が繋がりやすくなっております。

検査前日

お食事はおすすめメニューにそった食事を食べてください。
夜21時に下剤1本を湯のみ1杯程度の水に入れて飲んでください。なお、急激な排便により、気分不良・ふらつき等起こることがありますので、十分にご注意ください。

21時の下剤服用後から検査終了までは、食べ物を摂ることはできません。ただし24時になるまではお茶、お水は摂っても構いません。

血液を固まりにくくする薬(バファリン・バイアスピリン・ワーファリン・パナルジン等)を飲まれている方は、お知らせください。
また、お薬手帳をお持ちの方はご持参ください。看護師が確認いたします。

心臓病・高血圧症・前立腺肥大症等の既往歴がある方は、事前にお知らせください。

検査当日

朝から食べ物は一切摂らないでください。
水分(お茶・お水)は朝7時までであれば、コップ一杯程度であれば飲まれて結構です。
お手持ちの常用薬で医師の許可がある方のみ、朝の分として朝6時に水で服用してください。

内視鏡センターにて2リットルの下剤を2時間かけて飲んでいただきます。
検査は昼からとなりますので、ご帰宅は夕方以降になることをご了承ください。
たばこは検査終了までお控えください。

検査後の注意

のどに麻酔して検査を行いますので、検査後1時間くらいは飲食ができません。

検査が楽にできるように鎮静剤を希望される方は、眠気やふらつきが残ることがありますので、検査後は1時間程度安静室で様子を見てから帰宅して頂きます。

車の運転は、薬の影響が残ることがありますので、ご自身での運転はおやめください。
検査当日は公共機関での来院をおすすめしております。

大腸カメラ検査を受ける方への注意点

検査のご予約は平日14時~17時位にお電話頂いた方が繋がりやすくなっております。

検査前日

お食事はおすすめメニューにそった食事を食べてください。
夜21時に下剤1本を湯のみ1杯程度の水に入れて飲んでください。なお、急激な排便により、気分不良・ふらつき等起こることがありますので、十分にご注意ください。

21時の下剤服用後から検査終了までは、食べ物を摂ることはできません。ただし24時になるまではお茶、お水は摂っても構いません。

血液を固まりにくくする薬(バファリン・バイアスピリン・ワーファリン・パナルジン等)を飲まれている方は、お知らせください。
また、お薬手帳をお持ちの方はご持参ください。看護師が確認いたします。

心臓病・高血圧症・前立腺肥大症等の既往歴がある方は、事前にお知らせください。

検査当日

朝から食べ物は一切摂らないでください。
水分(お茶・お水)は朝7時までであれば、コップ一杯程度であれば飲まれて結構です。
お手持ちの常用薬で医師の許可がある方のみ、朝の分として朝6時に水で服用してください。

内視鏡センターにて2リットルの下剤を2時間かけて飲んでいただきます。
検査は昼からとなりますので、ご帰宅は夕方以降になることをご了承ください。
たばこは検査終了までお控えください。

検査後の注意

のどに麻酔して検査を行いますので、検査後1時間くらいは飲食ができません。

検査が楽にできるように鎮静剤を希望される方は、眠気やふらつきが残ることがありますので、検査後は1時間程度安静室で様子を見てから帰宅して頂きます。

車の運転は、薬の影響が残ることがありますので、ご自身での運転はおやめください。
検査当日は公共機関での来院をおすすめしております。

よくある質問

内視鏡検査に関する、よくある質問をご紹介します。

よくある質問を見る
紹介状がないと診察できませんか?
いいえ。当院は紹介状がなくても診察可能です。また選定療養費も徴収しません。
内視鏡検査を受けるのに紹介状は必要ですか?
内視鏡検査を受けられるのに紹介状は不要です。まずは当院までお問い合わせください。
検査後に説明をしてくれますか?
はい。検査終了後に説明を行いますが、鎮静剤(眠くなる薬)を使用される方は覚めるまで安静室にて待機して頂きます。 もう一度説明が聞きたい等のご要望にも対応いたしますので、当院スタッフへお申し付けください。
家族の待合室はありますか?
内視鏡センター内は他の患者様もいらっしゃる関係上、家族待合室はございませんが、6階にはラウンジを設けておりますので、そちらでお待ちいただく事も可能です。
ポリペクトミーやEMRをした場合入院は必要ですか?日帰りでできませんか?
原則入院をして頂いております。これは万が一の事(出血等)も考慮し、迅速に患者様の安全を確保する為でもありますので、ご了承ください。
当日予約して胃カメラできますか?
検査状況、また前日の飲食関係にも影響しますが、まずは当院消化器内科外来へお電話ください。
内視鏡の検査予約はどうすればよいですか?
平日の午後、当院の消化器内科外来へお電話頂ければその際にご予約を承ります。 ※午前中はお電話が繋がりにくくなっておりますので、お待たせする場合がございます。
胃カメラと大腸カメラを1日で終わらせたいのですが、可能ですか?
はい。可能です。 只、年齢や既往歴などにより胃カメラと大腸カメラを分けて行う場合がございます。これは患者様の安全を確保する為ですのでご了承ください。
女性の先生に大腸カメラをお願いする事は可能ですか?
はい。当院は常時女性医師が勤務しておりますので、医師だけでなく看護師も女性のみで行っておりますので、ご安心ください。
2年前に胃カメラの検査をしましたが、何年毎に検査すればよいのですか?
当院では1年毎の定期検査をおすすめしておりますが、少しでも違和感などがありましたら当院消化器内科外来へお電話ください。