佐田病院トップページ | 佐田病院の特徴 | 新しい手術室のご案内 MAQUET社 VARIOP(バリオペ)

医療機器のご紹介

九州初!MAQUET VARIOP導入

当院では、九州初となるドイツ MAQUET社(マッケ)の最新鋭【VARIOP(バリオペ)※】の手術システムを導入し、2014年1月14日より新しい手術室でのオペを始めました。

これまでの手術室は無機質な空間でしたが、水面や花を壁面一面にあしらい、術場内へ太陽光を取り入れる事で閉塞感を打破し、上質で柔らかな雰囲気を創り出しています。

また、手術台の座面には最上級の低反発マットレスを使用し、長時間の手術でも体への負担が少なくなっています。

これにより、患者様はもちろん医師や看護師も快適な環境下で状態で手術に臨めるようになりました。

※VARIOP・・・VARIABLE OPERATION(可変的、交換、着脱可能なモジュール式手術システム)



自動手洗い装置・LED照明

自動手洗い装置は人工大理石・RO水仕様のものとなり、高純度の水(RO水)を使用する事によって、
より衛生環境が向上しました。
また、全室にLED照明はもちろん、最新の無影灯にもLED照明を設置した事で、
省エネにも対応しています。

【西日本新聞2014年1月】
 PDFファイル

【財界九州2014年2月】
 PDFファイル


インターネットからのお問い合わせ
佐田病院の特徴
  • 各種手術症例数
  • 日帰り手術センター
  • 最新医療機器のご紹介
  • 手術室のご案内