佐田病院トップページ | 症状・治療のご案内 | ソケイヘルニアについて

ソケイヘルニア

  • ソケイヘルニアについて
  • 手術・症例数
  • メディア情報

成人の鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)は自然に治ることはなく、放っておくとヘルニア嵌頓(かんとん)などの重大な合併症を起こすことがあり、治療には手術が必要です。
近年では人工補強材を使ったテンションフリー法が主流となっており、手術時間の短縮、術後の痛みも少なく、早期に社会復帰できるようになりました。

ソケイヘルニアとは

一般に脱腸と呼ばれる良性の病気です。

成人の鼠径ヘルニア(そけいヘルニア)は自然に治ることはなく、一般的に時間経過とともに鼠径部膨隆がひどくなっていきます。多くはありませんがヘルニア嵌頓(かんとん)などの重大な合併症を起こすことがあり、治療には手術が必要となります。
当院のソケイヘルニアの手術症例数は、1998年4月から2015年1月までで3700例を超えています。メッシュ(人工補強材)を使ったさまざまな手術法が行われていますが、ここ最近10年間で手術法は大きく変化し、従来の鼠径部切開法(クーゲル法、メッシュプラグ法など)から腹腔鏡下手術が主流となり、当院では年間250人前後の患者さんのほぼすべて(98%)に腹腔鏡下手術を行っています。

当院における鼠径ヘルニア手術の変遷

ソケイヘルニアには3つの種類があります

(1)外鼠径ヘルニア

鼠径靭帯の上で、外側から出てくるヘルニア。
鼠径ヘルニアでは一番多いヘルニアです。

(2)内鼠径ヘルニア

鼠径靭帯の上で、内側から出てくるヘルニアです。

(3)大腿ヘルニア

鼠径靭帯の下から出てくるヘルニア。
出産を経験された痩せ型の女性に多く見られます。


ソケイヘルニアと診断されたら

鼠径ヘルニア(脱腸)を“治す”方法は手術だけ

成人の鼠径ヘルニア(脱腸)は自然に治ることはありません。また、有効なお薬や運動療法もありません。
ヘルニアバンド(脱腸帯)を使用している方もいらっしゃいますが、これらは鼠径ヘルニアを治すものではなく、外から押さえることにより、一時的に鼠径ヘルニアの症状を軽くする対症療法です。
鼠径ヘルニアは良性の病気ではありますが、放置すると嵌頓(かんとん:飛び出した部分が元に戻らなくなること)になることがあり、緊急手術が必要になることもあります。嵌頓(かんとん)は鼠径ヘルニア患者全体の約5%程度に起こると考えられていますので、スケジュールのよい時期を選び、早めの手術治療を受けましょう。


“安心”は医師や看護師への相談・質問から

最初に医師と相談し、手術の日程を決めます。
鼠径ヘルニアの治療は、弱くなった組織を補強する手術です。手術では補強のためにメッシュ(ポリプロピレンというプラスチックの一種を使った網)を用いて行いますが、このメッシュは体に非常に優しい素材で、再発率が低いため現在ほとんどの施設でメッシュを用いた手術が行われています。
ここ10年ほどで手術法は大きく変化し、従来の鼠径部切開で行う手術(代表的なものとしてクーゲル法、メッシュプラグ法など)から腹腔鏡下手術が主流となりました。

当院にはこの鼠径ヘルニアに対する腹腔鏡下手術(TAPP)の経験の豊富な外科医もおりますので、遠慮なくお気軽にご相談ください。

手術前に必要な検査(術前検査)が行われます。通常は、採血、検尿、心電図、レントゲン撮影などの一般的な検査です。
検査に問題がなく、手術日が決定した場合、手術前や手術当日に医師や看護師から、病名、手術法、麻酔法、手術内容と時間、食事や運動など、手術前後の生活上の注意や手術直後、退院後の経過や注意について説明があります。その内容で解らないことや希望などがあれば、医師や看護師に質問や相談をして安心して手術を受けてください。

※この記事・写真等は、(株)メディコンの許諾を得た上で転載しています。
 無断で複製、送信、出版、翻訳等著作権を侵害する一切の行為を禁止します。

  • ソケイヘルニアについて
  • 手術・症例数
  • メディア情報
インターネットからのお問い合わせ
症状・治療のご案内
  • 外科
  • 胆石症
  • 一般・消化器外科
  • 多汗症
  • がん治療
  • ソケイヘルニア
  • 呼吸器外科
  • 整形外科
  • 脊髄脊椎
  • 肩外来
  • 消化器内科
  • 内視鏡
  • 肝臓内科
  • C型肝炎
  • 内科・循環器科
  • 心臓リハビリテーション
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 糖尿病内科
  • 糖尿病内科
  • 健康診断・人間ドック
  • 健康診断・人間ドック