佐田病院トップページ | 症状・治療のご案内 | 胆石症 | 手術・症例数

胆石症 手術・症例数

手術の適応

症状によって以下のようなデータがあります。
・軽症状を有する患者様が1年間に重篤な症状や合併症を発症する確率は1~3%。
・中程度の症状で、その後手術を受ける確率は6~8%。
・有症状胆のう結石患者様の12%に急性胆のう炎が発症。
原則は症状のない時に手術を行い、胆のうを取ってしまいます(胆のう摘出術)。 約20年前まではお腹を大きくあけて胆のう摘出術を行っていましたが、現在はお腹に1~2cm程の穴を開けてカメラ(腹腔鏡)を入れて、手術を行います(腹腔鏡下胆のう摘出術)。

胆石症の手術方法

胆石症の手術には大きく2つの方法があります。開腹手術と腹腔鏡というカメラを使用した内視鏡下手術です。さらに腹腔鏡下手術も2つに分類され、4つ穴から器具を挿入して行う手術と一つの穴から手術を行う単孔式腹腔鏡下手術があります。

開腹手術では、上図のように大きく切開する為、術後の痛みが強く、入院期間も長くなります。

従来の腹腔鏡下胆のう摘出術は、(Laparoscopic cholecystectomy)ラパコレ、ラパ胆と呼ばれ、お腹に4カ所の小さな穴を開けて炭酸ガスをお腹の中に入れて膨らませた後、腹腔鏡(カメラ)を挿入し、お腹の中を観察しながら胆のうを取る手術です。

単孔式鏡下胆のう摘出術は、おへそに1ヵ所小さな穴を開けて、その1カ所の穴から胆のうを取る手術です。この手術は、専門の医師、熟練した医師のみが出来る手術方法で、当院では、2009年5月14日、福岡で初めて当院で開始し、2017年9月26日で8,500例を超え多くの症例数を誇っています。

従来の腹腔鏡下胆のう摘出術の内容

内視鏡手術のうち、腹腔鏡を用いる手術では開腹手術の方法と異なり、まずおへその近くに小さいキズ(2㎝)をつけてお腹を開けて、確実にトロッカーというパイプ状の管をお腹に差し込みます。 その後、このトロッカーよりお腹の中へ炭酸ガスを送り込み、腹腔を膨らませて視野とスペースを確保する「気腹」という処置をします。 次にトロッカーから腹腔鏡を挿入します。 この腹腔鏡の先端には小型のビデオカメラが取り付けられており、腹腔内の様子をテレビモニターの拡大画面でつぶさに観察することができます。

さらに10mmの穴を1つ、5mmの穴を2ヶ所開けて、それぞれトロッカーを挿入し、それぞれから鉗子類や電気メスなど、手術処置器具を入れ、体外から操作します。

従来の腹腔鏡下胆のう摘出術の手術の方法

手術の手順

鉗子で胆のうを持ち上げて、胆のう管の周囲組織を切り離し、むき出しになった胆のう管と胆のう動脈をクリップで止め、胆のうを切断します。

胆のうを対外へ引き出すのは、通常腹腔鏡を挿入していたところから行います。 なお、胆のうを専用の回収袋に入れ、袋ごと引き出します。 そのままでは引き出せない場合、胆汁を吸引して胆のうを小さくしてから、あるいは結石が大きい場合は石を砕いてから引き出すこともあります。

摘出した後は、腹腔内をきれいに洗浄し、炭酸ガスを抜いてからキズをふさいで手術は完了します。 なお、場合によっては、ドレーンと呼ばれるチューブを留置することもあります。

手術の所要時間は約45分ほどです。


単孔式腹腔鏡下摘出術の特徴

  • へその下に1ヵ所の小さな穴をあけて、細い器具を挿入し胆のうを摘出する方法です。
  • 傷口がヘソだけと言うこともあり、キズが目立たず美容的です。
  • 回復も早く、従来の手術方法より短い入院期間(2~3日)で退院できます。
  • 専門の医師、熟練した医師のみ出来る手術方法です。手術は、日本内視鏡外科学会技術認定医を取得した専門医が責任を持って行います。
  • 2009年5月14日、福岡で初めて当院で開始し、を超え多くの症例数を誇っています。
  • 当院では、1998年から3mm細径鉗子を用いて多汗症の日帰り・短期滞在手術を開始し、患者様に侵襲の少ない手術を提供してきました。
  • 医療器具の進歩とともに、日本をはじめ世界中で普及してきている手術法です。
  • キズがほとんど目立たず美容的で、手術後の痛みも少なく、早期の社会復帰が可能です。
  • また、キズは吸収する糸で縫っているので抜糸の必要がありません。

単孔式腹腔鏡下手術のメリット

単孔式腹腔鏡下手術 術後の写真
  • キズが目立たず、美容的です。
  • 入院期間が短く、その分費用も安くなります。
  • 日帰り手術も可能ですので、精神的不安が軽減されます。
  • 保険が適用されます。

単孔式腹腔鏡下手術 地域別症例数(累計)

  福岡県 その他九州 中国 近畿 関東 北海道 海外

※海外(中国、韓国、台湾、モンゴル、タイ、カナダ、アメリカ、イギリス、ベルギー、フランス、上海、ニュージーランド、ドイツ、フィリピン、エジプト)

胆のう・胆管疾患(腹腔鏡下胆のう摘出術等)の症例数 [都道府県順]

医療機関名称 症例数
手稲渓仁会病院 北海道 195
仙台市医療センター仙台オープン病院宮城県 270
石巻赤十字病院 宮城県 178
群馬県済生会前橋病院 群馬県 305
千葉労災病院 千葉県 187
明芳会板橋中央総合病院 東京都 218
虎の門病院 東京都 204
日本医科大学付属病院 東京都 197
東邦大学医療センター大橋病院 東京都 186
刈谷豊田総合病院 愛知県 180
日本赤十字社 和歌山医療センター 和歌山 248
武田総合病院 京都府 199
第一東和会病院 大阪府 236
市立豊中病院 大阪府 180
倉敷中央病院 岡山県 199
岡山済生会総合病院 岡山県 193
広島記念病院 広島県 192
愛媛県立中央病院 愛媛県 221
佐田病院 福岡県 413
熊本赤十字病院 熊本県 194

※調査期間:2015年4月~2016年3月

厚生労働省:
「DPC導入の影響評価に関する調査資料(疾患別・手術別集計)」より抜粋


インターネットからのお問い合わせ
症状・治療のご案内
  • 外科
  • 胆石症
  • 一般・消化器外科
  • 多汗症
  • がん治療
  • ソケイヘルニア
  • 呼吸器外科
  • 整形外科
  • 脊髄脊椎
  • ペインクリニック
  • 頭痛外来
  • 帯状疱疹
  • 肩関節
  • 消化器内科
  • 内視鏡
  • 肝臓内科
  • C型肝炎
  • 内科・循環器科
  • 心臓リハビリテーション
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 内科・循環器科
  • 呼吸器内科
  • 糖尿病内科
  • 糖尿病内科
  • 健康診断・人間ドック
  • 健康診断・人間ドック