佐田病院トップページ | 症状・治療のご案内 | 頭痛外来

頭痛外来

頭痛外来のよくある質問

    • 生理時に頭痛があります、生理痛の一つの症状ですか?
    • 女性は女性ホルモンの急激な変化で頭痛が誘因されることがしばしばあります。頭痛が誘発されやすいのは月経前から月経時にかけてと、排卵時にかけてです。その多くが片頭痛であり、とくに月経開始2日前から月経3日目まで起こる片頭痛を月経関連片頭痛といいます。月経関連片頭痛は、通常の片頭痛よりも強度が強かったり、持続時間長いことが多く、お悩みの時はご相談ください。
    • 以前効果のあった頭痛剤が、今は効きません。他の病気の可能性はあるでしょうか?
    • 以前効果あった頭痛剤が有効でなくなった場合は、新たな頭痛をきたす疾患の可能性を疑うことは重要です。そしてそれ以外にも、頭痛薬の使いすぎで効果がないくなることや、悪化する他の要因がある可能性もあります。
    • 強い頭痛があり他院で画像検査を行いましたが異常なしと言われました。まだ頭痛が起こることがありますが、どうするべきでしょうか?
    • 脳の画像検索で異常がなくても、頭痛を来す疾患はあります。問診や血液検査、頚椎の画像検査が必要となる場合もあります。
    • 肩こりがひどくなると頭痛が出現するのですが・・・
    • 幾つかの頭痛疾患で肩こりと頭痛の関連が指摘されています。
      具体的には
      1. 片頭痛の予兆としての肩こり(片頭痛の人の60%以上に肩こりを伴っていると言われてます)
      2. 緊張型頭痛
      3. 頚原性頭痛(頚部疾患による頭痛)
      などが考えられます。
      原因疾患によって治療方法や対処法が異なるので、何による頭痛かを知ることはとても大切です。
      当科では、肩こりを伴う頭痛に関しては、原因検索を行った上、生活指導・薬物治療・神経ブロック治療などを提案しております。
    • だいぶん前から、月のうちの半分は頭痛があります。市販薬で対応してます。受診をする必要がありますか?
    • 市販薬で改善する、しないに関わらず、月の半分以上の頭痛がある場合は、頭痛専門外来を受診する必要があります。
      原因の検索と、頭痛の頻度軽減に向けた対策が必要だからです。
      頭痛薬の飲み過ぎは、新たな頭痛が引き起こされる可能性もあります。
      是非一度相談ください。
    • ある日を契機に連日性の頭痛があります。何が考えられますか?
    • ある日を契機に連日性の頭痛がある場合、まずは脳腫瘍といった器質的な原因を除外する必要があります。
      血液検査や画像検査で異常がない、連日性の頭痛を来す頭痛もあります。
      頭痛専門外来での問診で診断がつくことがありますので、是非一度ご相談ください。
    • 頭痛の時に、涙が出たり、鼻水がでることがあります。
    • 頭痛時に、
      ①目の充血や涙
      ②鼻づまりや鼻水
      ③目の浮腫み
      ④顔面の汗
      ⑤耳詰まり
      ⑥まふたが落ちてくる
      といった症状を引き起こす一連の頭痛群があります。
      より詳しい問診で頭痛の診断が可能なこともありますし、特効薬が有効なことがあります。
    • 頭の中が痛いのではなく、頭の外が痛いです。
    • いわゆる頭痛は、一般的には頭蓋内の痛みであることがほとんどですが、頭皮に痛みを引き起こすことがあります。
      頭痛の一種のこともありますが、他の病気のこともあります。
症状・治療のご案内
  • 外科
  • 胆石症
  • 一般・消化器外科
  • 多汗症
  • がん治療
  • ソケイヘルニア
  • 呼吸器外科
  • 整形外科
  • 脊髄脊椎
  • ペインクリニック
  • 頭痛外来
  • 帯状疱疹
  • 肩関節
  • 消化器内科
  • 内視鏡
  • 肝臓内科
  • C型肝炎
  • 内科・循環器科
  • 心臓リハビリテーション
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 内科・循環器科
  • 呼吸器内科
  • 糖尿病内科
  • 糖尿病内科
  • 健康診断・人間ドック
  • 健康診断・人間ドック